プライバシーポリシー

今求められる専門性

CADオペレーターの概要と仕事の将来性

専門性の高い仕事に興味のある方におすすめ!仕事に対して「好き」という気持ちがあることはとても大切です。取り組み方や意欲が違ってきます。そして、この気持ちは、今求められている専門性にもつながるのです。専門性の高い職業に興味のある方へ、専門性の重要度をわかりやすくお伝えします。【お問い合わせ先】

Category

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事内容

CADソフトを利用してパソコン上で図面を作成する業務を行うCADオペレーター。
CADオペレーターの仕事は、建築・機械・電気などの幅広い業界でニーズを高めているようです。
専門知識が求められるCADオペレーターの概要から将来性まで紹介します。

CADオペレーターとは

CADオペレーターとは、CADソフトを用いてパソコン上で機械や建造物の図面を作成します。設計士やデザイナーの指示に基づき、図面の作成・修正・調整などを行う職種です。
CADには、2D CADと3D CADの2種類があります。2D CADは、これまでに手書きで行われてきた平面の図面をパソコン上で作成するもの。正面図・平面図・側面図から構成される第三角法を用いて製図ができます。3D CADは、平面ではなく立体として製品を可視化するもの。設計図はあらゆる角度から見られるため、具体的な構造を把握しながら製作可能です。CADは、AutoCADやVectorWorks、IJCAD、Jw_cadなどのソフトウェアが幅広く展開されています。
CADで設計をするには、必要な情報を正確に取り入れることが必要。設計図は線の太さによって仕上がりが変化してしまうため、均一の太さで製図することが求められます。製図は繰り返し修正を行うことで、より精密なデータを作ることが可能です。

CADオペレーターになるには

CADオペレーターの求人には、無資格・未経験から応募できるものがあります。しかし、CADオペレーターの仕事は、設計士やデザイナーの意図を掴んで設計補助をするため、ある程度の知識が必要です。 CADソフトの基本的な操作や製図を読み取る能力は身につけておきましょう。
最近ではフリーのソフトウェアやCADに関する書籍も多いので、独学で知識を身につけられます。独学が難しい場合は、CADのスクールに通うのも一つの手です。スクールは短期・夜間・通信などの講座が展開しているので、ライフスタイルに合わせて基礎知識を学ぶことができます。
CADオペレーターになるために必須となる資格はありませんが、関連資格を取得すれば活躍の場を一層広げられるでしょう。CAD利用技術者試験や建築CAD検定試験、オートデスク認定試験プログラムなど、CADの関する資格には豊富な種類があります。

CADオペレーターの将来性

CADオペレーターは、建設や土木、機械、電気などの幅広い業界で活躍できます。現代のものづくりにおいては必要不可欠と考えられるため、失業のリスクは少ないと言えるでしょう。
近年では、設計は2Dから3Dへ移行する傾向にあり、3D CADオペレーターのニーズが高くなると考えられます。また、CADソフトは常に進化を続けているため、継続的な学習が求められるでしょう。
CADオペレーターとして活躍していくには、実績や実務経験が重要視されます。業務を通して技術を磨けば、さらに専門性の高い仕事に携わることが可能です。

今求められている専門性とは?