プライバシーポリシー

今求められる専門性

患者に寄り添い医師との架け橋になる看護師の仕事内容

専門性の高い仕事に興味のある方におすすめ!仕事に対して「好き」という気持ちがあることはとても大切です。取り組み方や意欲が違ってきます。そして、この気持ちは、今求められている専門性にもつながるのです。専門性の高い職業に興味のある方へ、専門性の重要度をわかりやすくお伝えします。【お問い合わせ先】

Category

看護師の仕事内容

看護師の仕事内容

看護師は、親切で丁寧な対応をしてくれる優しいイメージです。どのような状況でも患者とのファーストコンタクトの際には、不安を払拭してくれるような優しさを感じられます。患者は、痛みを持ち不安も抱えています。何よりも、看護師の優しさに救われるのです。多忙なスケジュールをこなし、患者への丁寧な対応や医師との連携なども行なっている看護師には、多方面での専門性が求められます。

基本的な仕事内容

看護師の仕事内容は、医師の診察補助を中心に、注射や検温、患者対応があります。大きな病院では、昼夜を問わず入院している患者の病棟対応が必要です。看護師1名に対して、最大で患者8名までを担当することもあります。自分が担当となった患者の状態などは常に把握しておき、随時様子を見守ります。そして状況に合わせて、医師にすぐ報告できる体制をしっかりと整えているのです。また薬の処方も間違いのないように、徹底した管理を行ないます。
さらに、外来診療における看護師としての仕事もあります。このような場合に大切なポイントは、自分で考えて効率良く動き、業務をスムーズにできるよう計画しておくことが求められるのです。外来では、診療科によって対応に違いがあります。そして、患者の状況に合わせた瞬時の対応も必要になります。

引き継ぎ業務から始まる

看護師の業務は、朝のカンファレンスからスタートをして仕事が進んでいきます。まず、担当していた夜勤の看護師から、前日の患者の体調や細かい情報などを聞き、万全な引き継ぎ業務を行なっていきます。その後、実際に患者と接しながら全身観察を行ない、バイタルサインをチェックしていきます。バイタルサインでは、体温、血圧、脈拍、呼吸の4つを中心に測定していきます。また、軽度の生活介助も必要であれば、その都度対応にあたります。
入院している患者の容態も個別に異なるため、手術が予定されている患者にはその予定に合わせて移送対応も任されます。その他にも、食事介助、採血や点滴、ナースコール対応も通常業務に含まれます。この忙しい仕事を全て完璧に、勤務時間内に終わらせることは、非常に厳しい面もあるのです。

2種類の勤務形態

看護師の勤務形態には、日勤、準夜勤、深夜勤の3交替制と、日勤、夜勤の2交替制があります。3交替制は8時間勤務で、2交替制は日勤から夕方勤務までと、約2時間の仮眠を含む夜勤があります。勤務形態によって異なる忙しさや大変さがあり、それぞれの看護師のライフスタイルに合わせて希望する勤務形態があるのです。

今求められている専門性とは?